2015年08月01日

あの当時の自分は一生懸命すぎたのかも

今では子供の少々の事ではあまり動じなくなっていますが、一人目を育児中は本当に毎日が辛いと感じる日も多かったです。私は20代前半で一人目を出産しました。もちろん子供が出来たとわかった時は本当に嬉しかったし、産まれてくるのが楽しみでした。そして産まれてみたらやっぱりわが子はこんなにも可愛いものなのかと思うほど、今までには味わった事がない感情があふれていました。

初めての子供と言う事もあって、出産前に自分なりに色々と勉強もしていました。そして退院していざ育児が始まって思った事。子供を育てるってこんなにも大変で、思っていた通りにはならないんだと言う事。育児書にはだいたい3時間位おきに起きて、授乳してオムツ替えて、そしてしばらくの間はほとんどが寝ていると書いてあったし、自分でも辛いのは3時間ごとに起きるのが慣れてはいないから慣れるまでは大変だろうとは覚悟はしていました。しかし実際は3時間ごとではなくて、なぜか何をしても泣いていて起きている時間が長い。

しかも期限が悪くて起きているもんだから自分の一緒に付き合わないといけない。何で泣いているかが分からないから、何をどうやって泣き止ましたら良いかが分からなくてきずいたら自分まで一緒になって泣いていました。

旦那も休みが不定期で何時に帰ってくるのかも分からない毎日。毎日子供と2人でなれない育児。そして話す相手もいなくて、電話で話すくらい。もちろん友達と会ったりするよゆうなんて当時はありませんでしたが、なんだかこの世に子供と2人で取り残されているような感じに思えていて、夕方になって周りの景色が暗くなって行くのが無性に寂しく感じたのを覚えています。

夜鳴きもだんだんと酷くなってきて、お風呂に入れる時間を変えてみたり、部屋の中ではなるべく音がならないように電話の音も切っていました。この時はただただ自分が眠りたいと思っていました。そして一ヶ月検診のときまでは子供が嫌いになってしまいそうで自分が怖かったです。そんな憂鬱な気持ちで迎えた一ヶ月検診で、その思いはなくなりました。

看護師さんが、赤ちゃん体重もしっかり増えて元気ですね。ママも一生懸命なのが良くわかりますよと声をかけてもらった時に思わず涙。看護師さんが色々とお話しを聞いてくれて今までの重いがスーッと消えていきました。何かあったらまたお話ししに来てねと言われて、困った時は誰かに話してもいいんだと思えた事が不安から開放されたんだと思います。

もちろん夜鳴きが無くなって楽になった訳ではないけで気持ちの面では全く違います。わが子の事を嫌いになってしまうんではないかと思って、自分で自分が怖かったけど、それ以来、わが子って本当にかけがえのない存在で本当に可愛いと思って育児が出来る様になりました。

そして今では3人の母になりました。生意気な時は腹も立ちますが、一人目に感じたような気持ちにはならずに育児が出来ました。神経質になりすぎていたんだと思います。今は毎日忙しいですが楽しく生活ができています。私のように悩んでいる人は誰でもいいから少しでも誰かと話してほしいと思います。誰かと話すって大きい力になると私は思っています。


posted by luvluvcrx at 15:30| Comment(0) | 子供のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

長男奮闘記

現在、我が家には6歳の長男と4歳の長女がいますが、二人目の出産後は忙しさが2倍どころか3倍以上に感じるほど、慌ただしい毎日でした。
 
長女出産時、長男はまだ2歳。甘えたい盛りです。にも関わらず、ママは赤ちゃんにべったり(当然ですよね)、いやいや期も重なり毎日戦争のようでした。

「ご飯食べようね〜。」とパパが言っても、「や、マンマ(嫌、ママが良いの意)」の一点張りで、なかなかご飯も食べてくれませんでした。また、どうも赤ちゃんがママを奪っていると感じていたようで、赤ちゃんのおもちゃで遊んだりと、嫌がらせをすることもありました。

しかし、そんな長男も3歳になる頃、変化の兆しが見られました。なんと、赤ちゃんに嫌がらせまでしていた長男が赤ちゃんをあやすようになったのです。これには感動のあまり涙が止まらなかったのを今でも覚えています。毎日「僕が赤ちゃんの面倒を見る!」と言わんばかりの顔で、赤ちゃんの側に居てくれました。子育てをしている身としては、非常に心強かったですね。

いま思い返すと、ちょうどその頃、保育園にも通い出した時期でした。保育園の先生からも、「赤ちゃんが生まれて、お兄ちゃんとして責任感が出てきたのかも」とお褒めの言葉をいただきました。ただ、そこはまだまだ子供。進んでお手伝いはしてくれるようになりましたが、完璧にこなせる訳はありません。3歳児のお手伝いにクオリティを求めてはいけません。彼が赤ちゃんのコップにお茶を注げば、私が机を拭くといった阿吽の呼吸で乗り越えてきました。2度手間と言えばそこまでですが、一人での子育てはとても心細かったので、この時は本当に長男が大きく見えました。私の心の支えだったといっても過言ではありません。

そんな長男も現在、6歳の年長さんです。甲斐甲斐しく長女の世話係をずっとしていてくれたおかげか、長女もお兄ちゃんにべったりになってしまいました。どこに行くにも二人一緒で、トイレにも二人で行こうとする始末。さすがにそこは注意しましたが、「だって長女ちゃんが心配なんだもん」とのこと。一緒にトイレしに行った訳じゃなかったのね、それはごめんなさい。

こんな調子で、我が家には心強いベビーシッターがいるおかげで、子育てはとても楽をさせていただいています。怒ることももちろんありますけど、毎日楽しく子育てしています。やっぱり子供はかわいいですね。
posted by luvluvcrx at 14:12| Comment(0) | 子供のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

他の子と比較してしまいます

現在1歳半の男の子の母親です。出産時、母親の私自身の低身長が原因で、児頭骨盤不均衡のため帝王切開になりました。分娩時は特に異常もなく、子供の出生体重と身長も、ほぼ平均値でした。

帝王切開の傷跡と後陣痛の辛さから、産後2ヶ月ほどは、とても苦労しました。母乳の出も悪く、最初から母乳と粉ミルクの混合でした。そして3ヶ月ごろから、完全にミルクのみとなりました。子供は、ミルクもよく飲み、夜鳴きもなく、本当にやりやすい子でした。母乳をやめたことで、免疫力の低い子になるのではないかと、心配していましたが、今のところ大きな病気もなく、発熱も一度だけです。

寝返り、ハイハイ、つかまり立ち、ひとり歩きも、平均よりは遅かったものの、順調にできるようになり、お友達も増えました。お友達が増えると、どうしても比較をしてしまいます。あの子はもうこんなことができるのに、うちの子はまだ全然できない・・・ということが増え始めました。

中でも一番の心配事は言葉です。一歳半検診のときには、2〜3語言えるかどうかのテストがありましたが、今のところ言えるのは「パパ」のみ。

ママとしては少し寂しいです。絵本の読み聞かせをして、

「これは、○○だよ。」

などと、覚えやすい単語を教えているのですが、なかなか発言してくれません。意味のわからない言葉はよく叫んでいるのですが・・・。

次に心配なのは、ヨダレの多さです。1歳を過ぎると、スタイをしている子なんてほとんどいません。けれども、うちの子は、ヨダレの量が非常に多く、30分もたたないうちにスタイはビショ濡れ。一日10枚以上のスタイを使っています。検診でも相談したのですが、これは個人差があると言われ、特に問題はなさそうですが、もう赤ちゃんという感じではないのに、スタイをつけていると、見た目もおかしいですし、ちょっと恥ずかしいです。

次に、歯の発育です。まだ奥歯が全然生えて来ず、ちょっと大きなものや、葉っぱ系の食べ物は噛むことができません。そのため、いまだに離乳食のように柔らかくしたり、潰したりしながら与えています。1歳半だと、もう大人と同じようなものが食べられる時期なのに、とても心配です。
posted by luvluvcrx at 10:01| Comment(0) | 子供のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。