2016年06月15日

妊娠中、私が気を付けていたこと

妊娠中の妊婦さんの体はデリケートです。ただ、そんな妊婦さんが自分の体以上に気を遣うのがお腹の赤ちゃんへの心配。この記事では私の妊娠中の実体験を基に、妊娠中のタブーについて書いていこうと思います。

1、喫煙
世間的にも特によく知られている胎児への悪影響な行動と言えば、喫煙です。ニコチンの多量摂取によって母体のサイタイの血流量が減り、胎児へ栄養素や酸素が届きづらくなります。

また、喫煙時に発生する一酸化炭素は母体の血液中のヘモグロビン量を不足させ、これも胎児への酸素供給の妨げとなります。

このように栄養不足や酸素不足の状態になると子宮内胎児発育遅延(IUGR)や胎盤早期剥離などの胎盤へのリスク、最悪の場合には流産等の可能性も出てきます。

喫煙を習慣としていた妊婦さんはあまり体への異変を感じないかも知れませんが、体内の赤ちゃんへのリスクは着実に増していきます。

禁煙というのは妊娠中であろうがなかろうが苦しいものではありますが、赤ちゃんの事を考えるなら1日でも早く禁煙を達成されるのが望ましいでしょう。

2、衝撃・過剰な運動
これも妊婦さんにとっては常識ですが、いくつか注意点もあります。

まず運動についてですが、実は妊婦さんだからといっても全く動かず絶対安静がベストだとは限りません。ウォーキングやエアロビクス、プールでの水中歩行など、負担の少ない運動は寧ろつわりの軽減やむくみの改善、安産に向けての体づくり等の効果が期待できます。

もちろん激しい運動は母体だけではなく胎児への悪影響の原因となるので、節度を守り、異変を感じた時にはすぐに運動を中断する心構えが必要です。

同じように混雑した人ごみの中を行く時や段差の上り下り、果ては何気ない日常生活の中にまで、色々な所に存在する母体への衝撃にも注意が必要です。

3、ストレス
長期間にわたる精神的なストレスも、胎児への悪影響の一因と言われています。

胎児は胎盤を通じて母体から受け取ったホルモンにより、母体の感情を感じているといわれています。長期的な負の感情(怒りや悲しみ)を浴び続けた胎児は、情緒障害等になるリスクが増します。

妊娠・出産という一大イベントにより、妊婦さんやその周りの環境も大きく変わろうとしていることが多いです。

それは即ち、妊婦さんの精神も不安定になりがちだということ。

妊婦さんの心がけだけでなく周囲の人々の気遣いや思いやりが、ストレスの少ない妊娠生活に必須と言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか?

常識だろうと言うようなことばかりですが、赤ちゃんへの悪影響を考えるとどれも欠かすことの出来ないことだと、私は思っています。

最近はマタニティマーク等、妊婦さんへの周りの気遣いを呼びかける活動も活発になっているようですが、最後の最後に赤ちゃんと関わるのはやっぱりお母さん自身です。

この記事を読んでいただいた妊婦の方が一人でも多く、元気な赤ちゃんと出会えることを願っています。



posted by luvluvcrx at 11:00| Comment(0) | 妊娠中のトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

子どもを産み育てるのは両親

gifu.jpg

一人目の子を授かったのは、結婚後一カ月が経った頃でした。

夫は正社員ですが高収入ではなく新卒二年目だったので、私も働くつもりで資格取得の勉強中でした。

そんな中授かった子ですが、夫婦の間に芽生えた命ですから産まないと言う選択肢は有りませんでした。

産む為には今の貯金をどう使っていくか、私の社会復帰をいつにするかと言う現実的なことを二人で考えました。

初めての妊娠で、私達の結婚が早めで周囲に相談出来る友達もいなかったので、何も考えずすぐに両家の親に伝えました。

私が共働きする前提での結婚でしたので、親が純粋に喜んでくれるとは思いませんでした。

案の上、電話の向こうの義母からは暗い声が聞こえました。

ただそれは予想の範疇で仕方がないことと受け止められることでした。

事件が起きたのは翌日でした。

遠方の義父母から電話が来て、「子どもを堕胎して欲しい」と言われました。

何を言っているのか、私には全く理解出来ませんでした。

親が放任的な家で育った私には、夫婦にそんな干渉をしてくることが信じられなかったのです。

勿論援助を受け生活をしていたわけでもありません。

悪阻が始まっており、子どもを産むと言う不安や、妊娠による情緒不安定の中、一番傷つく言葉でした。

これが人の親の言葉なのかと、絶望的な気持ちになりました。

お腹の子どもの血の繋がった祖父母が望むことなのかと、恐ろしくなりました。

正確な言葉の真意は今でも分かりません。

あの時電話で言われたことは「生まれてくる子が不幸になる」と言うことでした。

私達が20代前半で若く頼りないからと言うことかもしれません。

又、結婚したばかりで地方に住む義父母には授かり婚と誤解されたくないなどの、世間体があったのかもしれません。

現実、妊娠期間を正確に分からない人には授かり婚と誤解されがちでした。

しかしどんな理由があろうと私達が自立して子どもを育てる意思があるのに、私達と話し合う前に「堕胎」と言う結論を勝手に出した義父母を許せませんでした。

住所も知らせず引越し、夫の携帯電話も解約後に契約し直し、少しずつ義父母と関わらない生活の準備を始めました。

結婚している友人のいなかった当時、誰もがそれに反対しました。

それが辛くもありましたが、それによって心の平穏を少しずつ取戻し出産に臨めたことは間違いではないと思いました。

一人目の子はもうすぐ9歳になります。

義父母には一度も会わせていません。名前どころか、性別すら教えていませんし、私も一切連絡を取っていません。子どもに「幸せか?」と尋ねたところ、「幸せ」と返って来ました。

だったら私が後悔することなんて何ひとつありませんし、きっと一生義父母の言葉を許す日は来ないのではないかと思います。

そして私は簡単に堕胎を口にするような親にはならないと、心に決めています。
posted by luvluvcrx at 13:29| Comment(0) | 妊娠中のトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

妊娠初期後期

2人目妊娠中の話になるですが妊娠初期のころ身内の不幸があり妊娠を隠すという行動が大変でした。つわりももう始まっており出された食事がほっかほかのお食事じゃないのが不幸中の幸いでお葬式は乗り切ったのですが緊張がほぐれたのか家に帰ってからトイレとお友達といわんばかりにげーげーとトイレにこもってました。あとはありがちな足の付け根が痛い。生理痛のような痛みがたまにある。とか一般的な初期の症状に悩まされました。。あとつわりがあると食べ物にも気をつけないと吐くときのどで詰まっておえおえと苦しかったのも覚えてます。

その後2人目ということもありおなかが出るスピードが早くて安定期にはもうぽっこり出てきてて服もすっかりマタニティになってました。ただおなかが出てくると移動できる場所に制限が出てきたりおしっこの時間が短くなったりと妊娠後期の症状が出てくるのも早かったような気がします。

その頃長男の幼稚園の準備やら引っ越しやらであっという間に妊娠後期にやってきたのですが長男が幼稚園に行き一人きりの時間ができてのんびりできるはず・・だと思ってたのですが余裕ができるとほっと一息ついた時とかにおなかの重みがズシンとやってきてどうしようもない腰痛に毎日大変で日記に予定日までカウントダウンしてたのは今でもよい思い出です。

あと長男の時以上におなかの皮膚が伸びようとしているのかわかりませんがおなかの皮膚が引っ張られるような感覚があり妊娠線できたのかな〜?と思ってたら産後全然できてませんでした。あの皮膚が引っ張られて破けようとする間隔は一体なんだったのか?今でも謎です。

しかし臨月目前になり長男が幼稚園からいろんな病気をもらってきてとうとう私も風邪をひいてこじらせてしまい咳がでる事に背中が痛く背中の傷みを我慢したらおなかが張るという悪循環な日々に陥ってしまいました。もちろん産婦人科に行って薬をもらうもゆっくり寝てられる時間も限られているため体調を回復する時間も追い付かずとうとう陣痛のような張りがきたので診察を受けると子宮口は開いている。安静にしなさい!と薬を処方され家に帰されるもゆっくりできる時間など当時の私にはなく子供の面倒見ながらどうやって安静にしたらいいの?と軽いノイローゼになりそうでした。

でも結局薬のおかげできっちりと子宮口は閉じられてしまい逆に開かなければならない時期なのにきっちりと閉じられてしまった為促進剤での出産となりました。妊娠出産何が起こるのかほんと予測不能です。
posted by luvluvcrx at 06:00| Comment(0) | 妊娠中のトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。