2016年02月01日

公園内のママ友カーストの体験談

saruyama.jpg

子供を初めて出産後しばらくして、引っ込み思案の私も念願の公園デビューを果たしました。初めのうちはうちの子が珍しかったせいもあって、ご近所のママ友さんたちはみんな親切にしてくれていましたが、だんだんとママ友にも階級制があることがわかってきたのです。

一番ランクが上なのは病院の院長の奥様や弁護士の奥様で、いつも公園の日差しが当たるいいベンチで日向ぼっこをしたり、子供が遊びたいだけブランコなどに乗らして、他のママたちの事など目もくれないのです。どうやらご主人の年収や職種によって、公園内で集まるママたちのカーストが決まっているとの噂を耳にしました。

2番手は大手の企業にお勤めの奥様方で、その下が公務員や中堅企業の奥様方という感じで、自然とカースト制度が作り上げられていました。「ママ、僕もブランコで遊びたいよう」とある男の子が駄々をこねていたのですが、トップの奥さんたちの子供が遊びに飽きるまでは場所を譲ってはもらえないのです。我が家の主人は小さな企業に勤めていたので、カーストでは下の方にランク付けされてしまい、なかなか公園内のベンチにすら座らせてもらえませんでした。

ある日公園に遊びに来た時に、あるお子さんの具合が悪くなってベンチで休んでいたらしいのですが、ママ友トップに因縁をつけられたのです。

「ちょっといつまでそこに座っている気ですか?公園内のルールはきちんと守ってもらわないとね。」

具合が悪くなったお子さんのママは中堅企業の奥様で、カーストでは真ん中クラスでしたが、やはり院長夫人の言葉には逆らえず、よろよろと子供を抱きかかえて帰っていきました。あまりにひどい横暴ぶりに、私は人間として腹が立って、腹いせのつもりでわざと一番陽ざしの当たるいいベンチに座ってやったのです。すると院長夫人を先頭にしてトップクラスの奥様たちがやってきて、「ルールを守れないのはやはりご家庭での風紀が乱れているせいじゃないかしら」などと嫌味を言われました。

公園の端っこにいた中堅カーストの奥様たちは、私の事を哀れな目で見ているだけでした。するとその時、「公園は公共の場所ですよ」そう言って助け船を出してくれたのは、公園を掃除していた近所の公民館の館長さんでした。「公園を独り占めしてはいけないですよ」館長さんの言葉に、院長夫人や弁護士夫人はその場から逃げ去るように走って帰りました。それからは二度とその公園に入っていませんが、ママ友カーストの世界は恐ろしいと思いました。


posted by luvluvcrx at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

仲が悪い二人の言い合いに、クリスマス会が台無し

子どもが通う幼稚園で知り合った二人のママ友の仲が悪くて、わたしを含めた回りのママたちが巻き込まれて困っています。

幼稚園では毎年12月にクリスマス会をしています。プレゼントや料理は幼稚園で用意してくれますが、園の飾り付けや準備は親たちもお手伝いします。仕事で当日の準備が出来ない人は、自宅で折り紙を使った飾りを作ってくるのが担当でした。

ママ友のAさんは、何事もきっちりしたいタイプの人で、自分の意見を論理立てて言える人です。一方、ママ友Bさんは気が弱いけどしっかり者で、毎日遅くまで働きながら子育てをしています。AさんもBさんも、個別に付き合っているぶんには凄く付き合いやすいのですが、AさんはBさんをとにかく嫌っていて、本人がいないところで酷い悪口を言っています。Bさんもそれを分かっているのですが、あえて何も言わず、自分からはAさんに話しかけもしません。そんなBさんは、仕事でクリスマス会の準備に参加できないので、自宅で飾りを作る担当になりました。

クリスマス会当日の朝、Bさんが作った飾りを見てAさんは不機嫌になりました。Bさんは、幼稚園が用意した折り紙に加えて自分で用意した可愛い絵柄の紙で、飾りを作っていたのです。それは、別に禁止事項ではないし、Bさんも良かれと思ってのことだったのですが、Aさんは「なぜこんな勝手なことをするのか。当初の計画がダメになってしまう」と言ってしまったのです。これにはBさんも怒って、今までの不満が爆発。クリスマス会の楽しい雰囲気が一変してしまうほどの、激しい言い合いになってしまいました。

しかも、言い合っている内容が飾りの件から離れていき、まるで子どものケンカのよう。周りにいたママさんも先生も、口が出せなくなるほど、互いに大声で言い合っていました。園長が二人をなだめてくれて落ち着かせてくれましたが、その後のクリスマス会はなんだかギクシャクして親たちはまったく楽しめませんでした。
posted by luvluvcrx at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

妊娠中から、夫の恋心は始まっていたのかもしれません

子どもが3才になるかならない頃、夫の携帯から女性とメールをしている内容がわかりました。夫は若い女性と恋をしていました。当然ながら夫婦間はそのことでもめて、結果的に数年後離婚という形で終わりましたが、その当時は悪夢のような毎日でした。

まず私は夫のことを男性としては愛していなかったかもしれません。

ですが、家族としての愛情は持っていましたし、ご飯を作ったり洗濯をしたりと身の周りのことはしっかりしていたつもりです。ただ夫婦関係は子どもを妊娠したのを最後にまったくありませんでした。今だったら、そういうセックスレスな関係は自然ではないし、離婚にいたっても仕方ないと思えるのですが、当時はまだ20代なのでそういうものなのかと私は思っているだけでした。

夫の婚外恋愛が発覚してから、離婚話になり、色々話した結果、どうも子どもができる前か妊娠初期くらいにその女性と知り合っている模様。

そして本人いわくプラトニックとは言いますが、お互いの恋心は芽生えていっていた様子です。そう考えると思い当たるふしがいろいろとよみがえってきました。

妊娠中の私を気遣うこともなく、つわりで苦しんでいる姿を「こっちまで気持ち悪くなる」「俺も吐き気がした」など思いやりのない発言を繰り返し、ごはんが作れない私に「もういい!俺がする!」と逆キレしたりと優しさは感じられませんでした。

子どもが産まれて実家にいた時も歩いていける距離にいたにもかかわらず、「仕事が忙しい」と会いにもきませんでした。

今思うとその時がチャンスとばかりに独身気分を満喫していたのかもしれません。

証拠がないのではっきりとは言えませんが。

妊娠中から恋愛を始めて、数年後に私が携帯のメールを偶然に発見して全てを悟りました。数年間、夫の家族に対する無関心を性格的なものかと思っていた自分が馬鹿みたいでした。最初から別の女性に心があったので、家庭はごはんを食べたり寝る場所だっただけだったと思います。

離婚後、夫とその女性がどうなったかはわかりません。

夫はいまだ独身ですが、その女性とまったく縁が切れたわけでもないようです。ただ、子どもが小さかった時は本当に目の前が真っ暗になり、どうやってこの先生きていったらいいのかわからずに、かなり精神的に追い詰められました。

今は元気にシングルマザーとして生きています。

必ず前向きに頑張れば何とかなります。
posted by luvluvcrx at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。