2015年06月22日

妊娠中から、夫の恋心は始まっていたのかもしれません

子どもが3才になるかならない頃、夫の携帯から女性とメールをしている内容がわかりました。夫は若い女性と恋をしていました。当然ながら夫婦間はそのことでもめて、結果的に数年後離婚という形で終わりましたが、その当時は悪夢のような毎日でした。

まず私は夫のことを男性としては愛していなかったかもしれません。

ですが、家族としての愛情は持っていましたし、ご飯を作ったり洗濯をしたりと身の周りのことはしっかりしていたつもりです。ただ夫婦関係は子どもを妊娠したのを最後にまったくありませんでした。今だったら、そういうセックスレスな関係は自然ではないし、離婚にいたっても仕方ないと思えるのですが、当時はまだ20代なのでそういうものなのかと私は思っているだけでした。

夫の婚外恋愛が発覚してから、離婚話になり、色々話した結果、どうも子どもができる前か妊娠初期くらいにその女性と知り合っている模様。

そして本人いわくプラトニックとは言いますが、お互いの恋心は芽生えていっていた様子です。そう考えると思い当たるふしがいろいろとよみがえってきました。

妊娠中の私を気遣うこともなく、つわりで苦しんでいる姿を「こっちまで気持ち悪くなる」「俺も吐き気がした」など思いやりのない発言を繰り返し、ごはんが作れない私に「もういい!俺がする!」と逆キレしたりと優しさは感じられませんでした。

子どもが産まれて実家にいた時も歩いていける距離にいたにもかかわらず、「仕事が忙しい」と会いにもきませんでした。

今思うとその時がチャンスとばかりに独身気分を満喫していたのかもしれません。

証拠がないのではっきりとは言えませんが。

妊娠中から恋愛を始めて、数年後に私が携帯のメールを偶然に発見して全てを悟りました。数年間、夫の家族に対する無関心を性格的なものかと思っていた自分が馬鹿みたいでした。最初から別の女性に心があったので、家庭はごはんを食べたり寝る場所だっただけだったと思います。

離婚後、夫とその女性がどうなったかはわかりません。

夫はいまだ独身ですが、その女性とまったく縁が切れたわけでもないようです。ただ、子どもが小さかった時は本当に目の前が真っ暗になり、どうやってこの先生きていったらいいのかわからずに、かなり精神的に追い詰められました。

今は元気にシングルマザーとして生きています。

必ず前向きに頑張れば何とかなります。


posted by luvluvcrx at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。