2015年05月21日

長男奮闘記

現在、我が家には6歳の長男と4歳の長女がいますが、二人目の出産後は忙しさが2倍どころか3倍以上に感じるほど、慌ただしい毎日でした。
 
長女出産時、長男はまだ2歳。甘えたい盛りです。にも関わらず、ママは赤ちゃんにべったり(当然ですよね)、いやいや期も重なり毎日戦争のようでした。

「ご飯食べようね〜。」とパパが言っても、「や、マンマ(嫌、ママが良いの意)」の一点張りで、なかなかご飯も食べてくれませんでした。また、どうも赤ちゃんがママを奪っていると感じていたようで、赤ちゃんのおもちゃで遊んだりと、嫌がらせをすることもありました。

しかし、そんな長男も3歳になる頃、変化の兆しが見られました。なんと、赤ちゃんに嫌がらせまでしていた長男が赤ちゃんをあやすようになったのです。これには感動のあまり涙が止まらなかったのを今でも覚えています。毎日「僕が赤ちゃんの面倒を見る!」と言わんばかりの顔で、赤ちゃんの側に居てくれました。子育てをしている身としては、非常に心強かったですね。

いま思い返すと、ちょうどその頃、保育園にも通い出した時期でした。保育園の先生からも、「赤ちゃんが生まれて、お兄ちゃんとして責任感が出てきたのかも」とお褒めの言葉をいただきました。ただ、そこはまだまだ子供。進んでお手伝いはしてくれるようになりましたが、完璧にこなせる訳はありません。3歳児のお手伝いにクオリティを求めてはいけません。彼が赤ちゃんのコップにお茶を注げば、私が机を拭くといった阿吽の呼吸で乗り越えてきました。2度手間と言えばそこまでですが、一人での子育てはとても心細かったので、この時は本当に長男が大きく見えました。私の心の支えだったといっても過言ではありません。

そんな長男も現在、6歳の年長さんです。甲斐甲斐しく長女の世話係をずっとしていてくれたおかげか、長女もお兄ちゃんにべったりになってしまいました。どこに行くにも二人一緒で、トイレにも二人で行こうとする始末。さすがにそこは注意しましたが、「だって長女ちゃんが心配なんだもん」とのこと。一緒にトイレしに行った訳じゃなかったのね、それはごめんなさい。

こんな調子で、我が家には心強いベビーシッターがいるおかげで、子育てはとても楽をさせていただいています。怒ることももちろんありますけど、毎日楽しく子育てしています。やっぱり子供はかわいいですね。


posted by luvluvcrx at 14:12| Comment(0) | 子供のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。