2015年04月10日

妊娠初期後期

2人目妊娠中の話になるですが妊娠初期のころ身内の不幸があり妊娠を隠すという行動が大変でした。つわりももう始まっており出された食事がほっかほかのお食事じゃないのが不幸中の幸いでお葬式は乗り切ったのですが緊張がほぐれたのか家に帰ってからトイレとお友達といわんばかりにげーげーとトイレにこもってました。あとはありがちな足の付け根が痛い。生理痛のような痛みがたまにある。とか一般的な初期の症状に悩まされました。。あとつわりがあると食べ物にも気をつけないと吐くときのどで詰まっておえおえと苦しかったのも覚えてます。

その後2人目ということもありおなかが出るスピードが早くて安定期にはもうぽっこり出てきてて服もすっかりマタニティになってました。ただおなかが出てくると移動できる場所に制限が出てきたりおしっこの時間が短くなったりと妊娠後期の症状が出てくるのも早かったような気がします。

その頃長男の幼稚園の準備やら引っ越しやらであっという間に妊娠後期にやってきたのですが長男が幼稚園に行き一人きりの時間ができてのんびりできるはず・・だと思ってたのですが余裕ができるとほっと一息ついた時とかにおなかの重みがズシンとやってきてどうしようもない腰痛に毎日大変で日記に予定日までカウントダウンしてたのは今でもよい思い出です。

あと長男の時以上におなかの皮膚が伸びようとしているのかわかりませんがおなかの皮膚が引っ張られるような感覚があり妊娠線できたのかな〜?と思ってたら産後全然できてませんでした。あの皮膚が引っ張られて破けようとする間隔は一体なんだったのか?今でも謎です。

しかし臨月目前になり長男が幼稚園からいろんな病気をもらってきてとうとう私も風邪をひいてこじらせてしまい咳がでる事に背中が痛く背中の傷みを我慢したらおなかが張るという悪循環な日々に陥ってしまいました。もちろん産婦人科に行って薬をもらうもゆっくり寝てられる時間も限られているため体調を回復する時間も追い付かずとうとう陣痛のような張りがきたので診察を受けると子宮口は開いている。安静にしなさい!と薬を処方され家に帰されるもゆっくりできる時間など当時の私にはなく子供の面倒見ながらどうやって安静にしたらいいの?と軽いノイローゼになりそうでした。

でも結局薬のおかげできっちりと子宮口は閉じられてしまい逆に開かなければならない時期なのにきっちりと閉じられてしまった為促進剤での出産となりました。妊娠出産何が起こるのかほんと予測不能です。


posted by luvluvcrx at 06:00| Comment(0) | 妊娠中のトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。