2015年04月06日

妊娠中に困ったこと

私、まさか自分が妊娠しているとは思わなくて、初めて産婦人科に行ったのが妊娠12週でした・・・。

妊娠が分かって振り返ると、妊娠9週ぐらいから胃もたれがひどく、胃腸薬よく飲んでしまっていました。
微熱も続き、風邪かなー、なんだろう?と思っていて、当時働いていた職場でお昼にその話しをしたら「・・・もしかして妊娠じゃない?」と。妊娠ってテレビドラマによくある、吐き気がしてトイレに駆け込んで「もしかして・・・」というイメージだったので、言われるまで全く気づかなかったのです(生理も遅れてるんだろうと思っていました)。

妊娠が分かってからは、「これがいわゆるつわりかー」と思う症状が多くなってきました。朝起きてから仕事中は大丈夫なのですが、16時まで勤務し家に帰ってくるとホッとするのか「船酔い」しているような感じに。起きていられないのです。夕ご飯が食べられないし作る事もできないので主人につくってもらいましたが、「ご飯が炊けるニオイ」「バターが溶けるニオイ」が強烈に気持ち悪く、別室にこもらないと気になって気になって・・・。

4ヶ月が過ぎるとニオイは大丈夫になりましたが、子供のためと思って宅配を頼んだ「葉酸入り牛乳」、
体が全く受け付けませんでした。ニオイなど気にならず飲めるけれど、後から気持ち悪くなる。結局飲まなくなりました。牛乳を飲めないなんて思ったことがなかったので、これはショックでした。

妊娠中期は、眠りが浅くなりました。夜中に何回も起きてしまい結構辛かった。
また、トイレが近くなりました。

そして妊娠7ヶ月のとき、まさかの「盲腸」になってしまいました・・・!

ある日、肋骨が「筋肉痛」みたいな痛みになり、「あれ?昨日なにかやったっけ?」なんて思っていたら
翌日ものすごい腹痛!

勤務先の提携している病院で紹介状を書いてもらったのですが、「万が一の時補償できないから」と何件も断られ、結局救急外来のある、市立病院へ自らタクシーで乗り込みました(まさに「乗り込んだ」感じ。)
すぐに血液検査をし、幸いにも「急性」ではなく「慢性」の虫垂炎で、「7ヶ月なら薬飲んでも大丈夫」とのことで、薬で散らしました。急性の虫垂炎だったら・・・と思うとぞっとします。

なんでも、虫垂炎になる妊婦さんって結構いるのだそうです。

妊婦さんって病院で断られがちなので、いざとなったらとにかく大きな病院に直接行くことが大切、
電話なんかでやりとりしていてもらちがあかないもんだとよーく分かりました。

妊娠中はほんと、普段と違う体調になるんだなーなんて改めて思う9ヶ月間でした。


posted by luvluvcrx at 22:14| Comment(0) | 妊娠中のトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。