2015年01月17日

毎日肉三昧の食事

私の主人が中華のデリバリーサービスの仕事を始めたばかりに妊娠が判明しました。
私も手伝いながらだったので、連日お店に顔を出していたのです。

s-tyuuka.jpg

主人の仕事は営業と電話注文や来店したお客様の注文取りなどの接客。
私はキッチン補助。
調理は、中国人の寡黙なシェフが担当です。
このシェフ。
口は重いのですが、開店したばかりの不安定な店にもかかわらず安月給で働いてくれる貴重な人材。
言葉も不自由で、私はあまり話すことはありませんでしたが、「気を使ってもらっているな」と感じたものです。

そして、調理担当なので普段のまかないもお任せしていました。
主に昼と夜です。
もちろん、毎日中華三昧。
まあ、仕方ないです。
作ってもらっている身なので、文句は言えません。
野菜は豊富にあったので、割とメニューは豊富でした。
でも、まかないなので節約メニューが基本です。
ご飯、作ってもらうおかず、以上の毎日。
さすがに「栄養採れてる?」と心配になり、毎日牛乳をプラスして苦肉の作戦。

そんなこんなで日々が過ぎ、そのうち気付いたことが・・・。
なんと、メインのおかずの食材は野菜プラス肉オンリーでした。
豚、鳥、牛と種類は変われど、肉三昧。
「これって、どうよ?」と心配になり、主人に相談。
シェフに進言してもらうことにしました。
表向きの理由は、「肉ばかり食べると経費がかさむ」から。
それを聞いたシェフ曰く、「魚よりも肉のほうが安いよ。マダムは赤ちゃんのために肉をもっと食べたほうがいいよ。」
ん〜、作戦失敗。
かくして、休日以外の肉&中華三昧メニューは私が実家に帰るまで続いたのでした。

でも、実家近くの産院で検診を受けたところ、まったくの問題なし。
血圧正常、浮腫みもなし、貧血検査も良好。
体重も妊娠前から7キロ増と優秀極まりありませんでした。
これには、私が一番びっくり!
そして、後日無事に元気な男の子を産みました。

今考えると、あの無謀な食生活の合間にコントレックスという硬質のミネラルウォーターをがぶ飲みしていたのですが、それが「良かったのかも?」と思いました。
カリウムやマグネシウムが豊富とボトルに書いてあったので。

ちなみに次男を産んだときには、その食事で12キロ増。
単に若さゆえ、新陳代謝が活発だったのかもしれません。
今は、歳を理由に肉食を拒否!
私もずうずうしくなったものです。


posted by luvluvcrx at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。