2015年01月23日

妊娠中、一番大変だったこと

長いようで短い妊娠期間中で一番大変だったのが、その期間の半分以上悩まされ続けていたつわりでした。妊娠検査薬で初めて妊娠反応が確認された時点で妊娠2ヶ月でしたが、その直後からつわりによる吐き気が始まりました。最初のうちは、まだ外出したり友達とランチをしたりと適度な気分転換をしていれば何とか気持ち悪さも忘れられて、うまくやり過ごす事が出来ていたのですが3ヶ月を過ぎたあたりから、外出もままならないほどの嘔吐が続き、口にする水分もことごとく吐いてしまう程酷いつわり症状で、まるで廃人のようになってしまいました。

病院で定期的に点滴に通いながらも、その途中の道ばたで吐いてしまったり、とにかく30年ちょっとの人生の中で一番辛い時期でした。昼夜関係なく一日中続く吐き気というのは精神的にも限界まで追いつめられるもので、仕事から帰ってきた主人に当たり散らしたりそれは大変でした。

やがて妊娠5ヶ月を迎えるあたりから、少しずつ嘔吐や吐き気は治まってきたのですが、今度はなんと食欲が異常になってきて、食べないと吐いてしまうという食べづわりというものになってしまいました。その空腹感たるや食べても食べても胃が満腹感を感じないという恐ろしいもので、早朝から夜中までいつも枕元にスナックや果物を置いていた程でした。

妊娠初期の頃の嘔吐ばかりして食欲が全くなかったつわりの時に既に5キロも体重が落ちていたので、食べづわりになっても減りすぎた体重が戻るだけだからどんどん食べなさいと担当の医師に言われましたが、実際はそんなに簡単な話ではなく、食べ過ぎのために今度は一気に体重増加してしまい血糖値が上がり、妊娠糖尿病と診断されてしまったのです。

つわりが終わった妊娠6ヶ月前からは厳重な糖尿病対策で、毎日のエクササイズとキツい食事制限になってしまい本当に踏んだり蹴ったりとはこの事でした。私に取ってつわりという経験は、可愛い我が子が健康に成長して産まれてくるための私に課された大きな試練だと感じていました。ですから何とか耐えられたのだと思っています。この事で人間として一つ大きく成長したと実感しています。


posted by luvluvcrx at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

名前選びは大変でした

妊娠してすぐに、こどもの名前を考えはじめたのですが、生まれてくる赤ちゃんの名前選びが一番困りました。自分が妊娠するまで、人の名前を決めるということがこんなに大変な作業だったとは、気がついていませんでした。

自分が悩みに悩みようやく決めた名前は主人が気に入らず、主人が気に入った名前は私は気に入らず、さらには、実親や義理親の意見を取り入れてたら、なかなか決まらなかったです。私はつわりが妊娠期間中ずっと続き気持ちが悪く、変な妊娠ドリームになったのか、通常だったら思いつかないような突拍子もない名前ばかり候補にあげていました。

今、よくキラキラネームなどと批判されたりする変わった名前ですが、自分が妊娠中に悩んだことを思い出すと、人のつけた名前を批判することは絶対にできないな、と思うようになりました。

これなら批判されないぞ、という昔からよくある名前を候補にしたところ、友人らからは、昭和の名前だとか、60代の女性を連想するなどと言われました。昔ながらの名前はだめなのかと思い、つわりがひどく安静状態でいくらでも考える時間があったことがいけなかったのか、1人で暴走して突拍子もない純日本人にも関わらず外国人の名前などにまで考えが及んでしまいました。

普通の体調、普通の精神状態のときだったらまだしも、ホルモンバランスが変わり、つわりなど体調の変動が多い時期に、名前を決めるのは大変で、主人とも何度も口論になりました。

私が提案してこの名前に決めると二人で合意した後になって主人が言いずらそうに、「ごめん、それは元彼女の名前なんだ。名前を呼ぶ度に思い出すからやめよう」と言われたこともありました。

結局、名前選びに懲りすぎてしまい、妊娠ドリームにはまってなければ絶対につけなかったであろう名前を
こどもにつけてしまいました。

初対面の人にちゃんと発音してもらえないことが多いので、今はこどもの今後を考え後悔しています。

妊娠してしまったらする前には二度と戻れないと当たり前のことを考えました。

名前を考えたりは、妊娠する前の普通の状態の時にしておいたほうがいいことだったな、と妊娠した後になって考えました。妊娠した後に、正常な心理状態を維持するのはなかなか難しいことです。

妊娠する前に、妊娠後に必ずしないといけない名前選びだけはしておけばよかったなと思いました。
posted by luvluvcrx at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

普段何気ない行動が制限

普段でも、睡眠というのは、生活の中でとても大切な時間です。妊娠してからは、とにかく眠たくなります。1人目の妊娠の時は、私も大事をとって、昼寝も含め、睡眠をかなりとっていたと思います。2人目ですと、どうしても上の子供の世話があるので、寝たい時や好きな時間に寝ることが難しかったりもしましたが、1人目のときは、すぐに横になっていましたし、ゴロゴロしている時間は多かったと思います。

1人目妊娠の時は、いろいろなことで大変な思いを感じていたのです。とにかく、自分ひとりの身体ではないのです。大切な生命をお腹の中で、預かっているのです。何気ない行動も制限されているのに気が付きます。
食べ物を食べる際も、やはり赤ちゃんにいく栄養の事も考えて、自分の好きなものだけではなく、ちょっと苦手な物でも食べるよう心がけます。また、横断歩道などの場面でも、普段なら赤の点滅の際は、小走りで走って渡っていたのですが、無理せず1信号待ったりもします。

一番大変だなと思ったのが、睡眠時の寝方です。私は、妊娠する前は、仰向けか右を横にする寝方です。ところが、段々お腹が大きくなってくると、仰向けだと苦しく感じるようになるのです。中期以降は、仰向けでは寝ることはなかったです。横になって寝るのが、大きなお腹を抱えた妊婦には、楽だと思います。

ただ、私は普段は、右を向いて寝るのが習慣でしたが、後期になり、逆子だと判ってから、先生から左を下にして寝るように指導されたのです。赤ちゃんの位置の関係だったのか、逆子の妊婦に言えることなのかは、わからなかったのですが、ある時から左を下にして寝るようになったのです。

長い間の習慣を変えるというのは、難しかったです。普段の寝方と違うのですから、最初は熟睡が出来なかったです。初めのころは、知らないうちに寝返りをして、右を下にして寝ていることもありましたが、お腹が大きくなってきたり、赤ちゃんのためだと思うと、きちんと指導されたとおり、左を下にして寝るようにし、今では妊娠していなくても、その寝方が楽になっています。

妊娠する前まで、何気なくしていた行動の制限が、本当に大変だった事を思い出します。
posted by luvluvcrx at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。